GIS沖縄研究室

2012年12月03日

2012GISフォーラムin沖縄

2012GIS.jpg

詳細はpdfより

posted by gis-okinawa at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | GIS情報など

2012年11月24日

沖縄地理学創立30周年記念公開シンポジウム

「沖縄地理学創立30周年記念公開シンポジウム」
 日時:12月8日(土)12時50分〜17時 ※会場受付開始は 12時30分から
 会場:沖縄国際大学5号館107教室(150名階段教室)
 宜野湾市宜野湾 2-6-1
≪基調講演≫ 堂前亮平(久留米大):沖縄における人文地理学の歩み
≪公開シンポジウム≫ 
全体テーマ:沖縄における地理学の成果と課題
報告(パネリスト)

GIS:渡邊 康志(GIS 沖縄研究室):GIS を使った沖縄情報の発信−沖縄国際大学講義「基地と自然環境」−
『はじめに 普天間等の沖縄基地問題について、Twitter やブログ、掲示板では活発な議論が行われており、一般の方々も関心を示している問題である。沖縄国際大学講義「基地と自然環境」において、沖縄の現状を伝えるため、GIS データを多数作成し紹介しているが、聴講生より初めて空間情報として伝わったとの感想をいただいている。今回のシンポジュームではこれらの情報発信を紹介する。総合討論で御意見がいただければ幸いである。』

自然地理学:前門 晃(琉球大):沖縄地理学会 30 年の歩みにみる自然地理学研究 島津 弘(立正大):沿岸の巨岩からみた沖縄の自然−なぜ沖縄の沿岸には巨大な岩があるのか?

人文地理学:宮内久光(琉球大):沖縄県内における離島研究の動向と展望

コメンテータ: 鈴木厚志(立正大)、尾方 隆幸(琉球大)、上江洲 薫(沖縄国際大)

≪総合討論≫
堂前亮平(久留米大)、前門 晃(琉球大)、島津 弘(立正大),宮内久光(琉球大)、渡邊 康志(GIS 沖縄研究室)
司会:廣瀬 孝(琉球大)、小川 護(沖縄国際大)

 詳細は沖縄地理学会HPより
posted by gis-okinawa at 10:37| Comment(6) | TrackBack(0) | GIS情報など

GISフォーラム2012in沖縄

「GISフォーラム2012in沖縄」が開催されます。
私も午前中の発表と午後はワークショップを開催します。

■ワークショップU(13時〜15時30分)
テーマ: 「スマフォGPSを使った位置情報の取得とグーグルマップ・アースの連携」
講師: GIS沖縄研究室 主宰 渡邊 康志
概要: 近年、防災や観光情報の利用に位置情報が重要なものとなっています。またスマートフォンに内蔵されたGPSなど自分の位置情報を簡単に取得記録することが可能になっています。今回のワークショップでは、スマートフォンでの位置情報の取得・記録の仕方と取得位置情報の利用方法を、皆さんで一緒に実験して行きたいと思います。対象はスマートフォン(アンドロイド)をお持ちの方で、位置情報利用に興味のある方です。グーグルのスマートフォンアプリを利用しますので、できたらグーグルアカウント(Gmailアドレス)を事前に取得してください。スマートフォンがない方やiPhone所有のかたの参加も可能です。参考になると思います。

使用テキスト

案内状1 案内状2

posted by gis-okinawa at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | GIS情報など

2012年08月31日

SuperMap6EXPRESS入手するなら今がチャンスかも


日本スーパーマップ株式会社から「SuperMapEXPRESS」のキャンペーンがアナウンスされています.
 
 http://supermap.jp/campaign/cam120827.html

以前,ブログでも紹介しましたが,

 SuperMapExpress = SuperMap2008Viewer
           +GISデータエクスポート
           +属性情報デーブル処理
           +オブジェクト作成・編修
           +ジオリファレンス
           +エクセル表インポート(SuperMap6から可能)


という仕様です.

 私の著書「GIS自習室」の内容は「SuperMap2008Viewer」に特化していますが,上記の+α部分の操作法を追加し,「SuperMapExpressを使い倒そう」という本を書こうと考えているくらいです.
 SuperMapExpressが有れば本格的にGISを使った空間分析処理が可能です.

 今回のキャンペーン価格は非常に良い価格となっていますので,GISを本格的に利用したいと考えている方は是非この機会に手に入れたはどうかと思います.

 

posted by gis-okinawa at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | GIS情報など

2012年04月14日

沖国大GIS講義とSuperMap考

1.大学の講義で使用している地図や図はGIS(地理情報システム)という技術を使って作成しています.皆さんが利用するインターネットの世界では,グーグルマップやグーグルアースなどもこの技術を使ったシステムです.
 沖国大では「地理情報システムT・U」を開講し,SuperMapを通じてGISの基本的概念やソフトの操作方を学んでもらっておりましたが,具体的に自分の研究に利用する段階での助言や指導は行っておりませんでした(非常勤講師という身分ですのでご理解ください).これではGISの利用・普及という「GIS沖縄研究室」の理念に合致しないと考え,本年は講義終了後金曜日午後に自主的な勉強会・相談会を開こうと考えております.受講したがゼミや卒業研究で実際にどのようの使っていけばよいか.自分の抱えている問題にどのようにGISを利用したらよいか.1・2年生でも3年になるまで待てないという方は一度連絡ください.
 連絡先は http://www.gis-okinawa.jp/Email.htm 
また,GISを利用してどのようなことができるのか知りたい方は,以下のHPをご覧ください.
 GIS沖縄研究室 http://www.gis-okinawa.jp

2.これまでの講義をから,「まずは地図データを使えるようになることが第一歩,分析は後で.」という要望が強いことを肌で感じました.まずは学生さんがゼミや卒論のまとめで,今までのアナログ処理をデジタルに変えてその便利さと将来性を感じてもらうことが第一.
ということで,SuperMapを使った「地理情報システム論T」のテキストhttp://www.gis-okinawa.jp/SMap/SMD_PDF/GIS_Ver2.01.pdfを見直しています.昨年までは属性検索や空間検索をTで,GISデータのインポートや作成をUで行っていましたが,これらを入れ替えよう思います.

3.沖国大講義用テキスト及びホームページGIS沖縄研究室で公開していたSuperMapViewer2008の情報から著書「GIS自習室」(古今書院)が誕生しましたが,もう3年を経過しました.SuperMapの状況も,公開されているGISデータの状況も大きく変化しており,自分なりに状況をまとめておきたいと考えております.
 ソフト側の問題点として,SuperMapもバージョンアップし,3D情報としてGISデータを扱える6Rシリーズと今までの延長線上に位置する6シリーズに分かれたこと.それぞれにViewerが存在しますが一般的なViewer+α程度に機能が絞り込まれたこと(以前のViewer2008は現在もDL可能です).があります.今までが大盤振る舞いであり,企業の判断により変化していくことは仕方がないことだと思います.
 GIS入門として個人で利用できるものとしてどのような選択があるか,なぜSuperMapだったのかを以前のブログで発表したことが有りました.http://gis-okinawa.sblo.jp/article/34077725.html

4.ソフトで考えなければならないこととして,オープンソースGISソフトの利用も選択肢として考えられる.例えばQGIS.最近は非常に使いやすい状態に整備されていて,プラグイン機能で高度な解析も可能になるようです.GIS沖縄でも「GIS自習室-QGIS版-」を公開しています.年度末の繁忙期という例年のいいわけで,更新を永らくサボっておりますが,HPのアクセスログ解析では多くの方が訪れているようです.このソフトとの付き合い方も将来の課題かと考えております.
 著書「GIS自習室−SuperMapViewerを使い倒そう−」で扱った2章以降の空間検索や空間操作などは,SuperMap6Viewerになってから利用できなくなっています.以前のブログにも書きましたが,沖国大の「地理情報システム論」で扱っているソフトの機能は,ほぼSuperMapExpress版の機能になっています.
 = SuperMapViewer2008(現在のバージョンの1つ前のバージョン,「GIS自習室」で取り扱ったソフト)+ジオリファレンス+データセットの作成+属性表を利用した検索&編集+データのエクスポート
 有償版ということで約5〜6万の出費ということになります(メーカーのキャンペーンなどを利用すればもう少し出費を抑えられるでしょうが).
 沖国大講義のテキスト,サンプルデータ,講義で得たノウハウなどをまとめて執筆するであろう「GIS自習室 第2版」は副題として「−SuperMapExpressを使い倒そう−」ということになると思います.「−SuperMapViewerを使い倒そう−」とは,コスト0でスタートとはならないことになります.【2012.4.15追加】


 … (執筆中 続く)
posted by gis-okinawa at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | GIS情報など
Powered by さくらのブログ