GIS沖縄研究室

2012年11月23日

電子国土基本図(地図情報)をGoogleEartで表示

電子国土基本図(地図情報)経度間隔30秒データ経度間隔15秒データをGoogleEarthで表示するkmlファイルを生成するプログラムを作成しました.特にグーグルアースで1/25000地形図相当情報を表示できるようになると,地形や地名などの情報も利用できるようになるので便利かと思います.
スーパーオーバーレイには対応していません.経度間隔30秒データでは30秒タイルを南北方向10分,東西方向20分範囲を読み込み,経度間隔15秒データでは南北方向5分,東西方向10分範囲を読み込んで,グーグルアースで表示・利用できるという物です.必要範囲の中心緯度経度を与えますとkmlファイルを生成します.画像タイルは国土地理院のサーバーより読み込んで使用しますので,ファイルサイズは小さくてすみます.
経度間隔30秒データソフトDL http://www.gis-okinawa.jp/soft/KOKUDO2GE.zip
経度間隔15秒データソフトDL http://www.gis-okinawa.jp/soft/KOKUDO2GE15.zip
DLしたzipファイルを解凍し,実行ファイル(KOKUDO2GE.exeまたはKOKUDO2GE15.exe)を適当な場所に置いて,ダブルクリックで起動します.中心座標とファイル名を入力すると実行ファイルを置いた場所にkmlファイルを生成します.

経度間隔30秒データ
wbo001.jpg

経度間隔15秒データ
wbo002.jpg

経度間隔15秒データを半透明にすると
wbo003.jpg

以上
posted by gis-okinawa at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | GISデータ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60244311

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ