GIS沖縄研究室

2012年11月19日

shpフィルからkmlファイルへの変換

日本語(Shift-JIS)の属性情報を持ったshpファイルをkmlファイルに変換してグーグルアースなどで利用する場合,文字コードの関係でうまく属性情報がエクスポートできません.
例えば下記のような属性情報を持ったポイントデータを処理します.
wbj001.jpg

グーグルア−スPro版を使用するとshpファイル等をインポート可能ですが,日本語(Shift-JIS)の属性情報を有している場合は属性情報がうまくインポートできず,グーグルアース上でビルボードの表示がうまくできていません.
wbj002.jpg

Free版GISソフトで文字コードまでうまく変換できるソフトを探したところQGIS 1.8.0 でうまく変換ができました.

 @QGISを起動して,SHPファイルを開く.このときエンコーディングはShift-JISになっていることを確認する.これは,このSHPファイルの属性情報がShift-JIS日本語で作成されているからです.
wbj003.jpg

 A「ベクトルレイヤに名前を付けて保存する」より,ファイル形式にKMLを選択する.kmlは文字コードがUTF-8となっているので,この変換により日本語のコードも変更される.
wbj004.jpg

 以上の操作で生成したkmlファイルをグーグルアースで表示させるとビルボードの表示がきちんと日本語になっています.
wbj005.jpg

現在のところ完璧に日本語エンコード変換まで対応しているshp/kml変換はQGISしか見つけておりません.

posted by gis-okinawa at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | GISデータ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60160528

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ