GIS沖縄研究室

2012年08月22日

2500地形図のモザイク処理2


w8m_Qgis_mosaic2.jpg地図画像のジオリファレンスと余白削除で,QGIS上に表示した処理済み地図(8枚)は自動的にその位置に表示されるので,1枚の地図画像のようになります.

レイヤーウィンドウ上では各地図は別々に扱われているので,何かと不便です.そこでこれらの地図を1枚にまとめることが可能ですが,実際1個のデータにしてしまう方法と,実際のデータは個別に存在しますがQGIS上からは1枚として扱える状態にする方法が有ります.どちらの方法が適しているかはケースバイケースです.

1.1個の実データにまとめる.
 メニュー,「ラスタ」/「その他」/「結合」より処理ウィンドウに進み,結合対象ファイルを複数個選択し生成ファイルを設定する.

w8m011.jpg

 生成したmosic.tif をQGISにて表示すると,レイヤーウィンドウの表示から1枚のラスターになっていることがわかる.

w8m012.jpg


2.バーチャルラスタの構築
 実際のデータは個別に存在しますがQGIS上からは1枚として扱える状態にする方法.生成したファイルは利用すべきラスタの情報のみが記述されているので,ファイルサイズは小さくなりますが,実データが亡いとエラーになりますし,実データのpathをバーチャルファイルを作成した時点と異なる(相対的に)に移動させたり,名称を変更するとエラーが発生します.
 バーチャルファイルは実ファイルと同じフォルダーに生成し,それらを一緒に管理する方が良いでしょう.

 メニュー,「ラスタ」/「その他」/「バーチャルラスタの構築」より処理ウィンドウに進み,結合対象ファイルを複数個選択し,生成ファイルを設定する.
 バーチャルラスタファイルは,拡張し『vrt』となります.開く場合は1個のラスタデータと同様に扱います.

w8m013.jpg

 今回は『map2500.vrt』バーチャルラスターファイルを生成した.QGISでデータを利用する場合はラスタ『map2500.vrt』をレイヤーに追加する操作を行う.


3.モザイクラスターのindex(ベクタ)の生成

 モザイクの対象になった各ラスタデータのindexを生成する事ができる.ラスタデータの範囲を簡単に把握できるベクトルデータが生成できるので,便利である.

 メニュー,「ラスタ」/「その他」/「タイルインデックス」より処理ウィンドウに進み,対象ファイルを複数個選択し,生成ファイルを設定する.

w8m014.jpg


posted by gis-okinawa at 11:44| Comment(2) | TrackBack(0) | GISデータ
この記事へのコメント
tommy hilfiger 楽天
Posted by バッグ 通販 ブランド at 2013年09月09日 10:26
プラダ イタリア 価格
Posted by 2012 prada at 2013年09月09日 10:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57724382

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ