GIS沖縄研究室

2012年08月21日

スキャンした2500地形図をQGISへ

【DRAFT

w8l_Qgis_referencer.jpgジオリファレンス

QGIS起動後,メニューより「ラスタ」/「Georeferencer」よりジオリファレンスツールを起動.

1.「ラスタを開く」ボタンより,ジオリファレンス対象マップラスターデータを選択する.
 今回は日本平面直角座標系15JGD2000に設定.

w8l001.jpg


2.ジオリファレンサーウインドウに地図が表示されるので,「ポイント追加」ボタンを使ってジオコントロールポイントを設定する.

w8l002.jpg

 地図の画面四隅を指定し,座標値を与える操作となる.

w8l003.jpg

 ジオコントロールポイントの設定後,「ジオリファレンシング開始」ボタンをおし,幾何補正を行う.この時,「変換の設定」ウィンドウで,変換タイプ,帰化補正の場合は「線形」を選択する.また,出力ファイル名を決定する.

w8l004.jpg

 「OK」ボタンを押して処理開始.

 処理終了後,QGISからラスタレイヤーの追加で,地図が利用できるようになる.
 利用予定のすべての地図データに対しこの処理を繰り返す.

w8l005.jpg


 
posted by gis-okinawa at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | GISデータ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57716190

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ