GIS沖縄研究室

2012年02月26日

GoogleMapを使って防災・減災情報の共有

GoogleMapを使って防災・減災情報の共有

 東日本大震災では太平洋沿岸部巨大津波が襲来し多くの住民が犠牲になった.沖縄島は海に囲まれ,特に中南部は沿岸に人口や社会インフラが集中し,被害発生範囲の推定のため沿岸部の標高や,津波襲来に備えた避難場所等の情報を必要とされている.
 上記の空間情報を収集,表示,共有するインフラ・ツールとしては住宅地図レベルの情報を持つGoogleMapを利用すると早期に情報インフラを整備することができる.
 沿岸部の標高データとしては,国土地理院空間基盤情報5m標高モデルが利用可能である.このデータは航空機を使った測量結果から作成された標高データで,非常に精密な標高が示されている.残念ながら国土地理院基盤地図情報5m標高モデルは沖縄島中南部(北谷町−沖縄市以南)しか有りません.将来的には公開範囲は拡大していくでしょう.

1.GoogleMapを使った防災・減災空間情報
 GIS沖縄研究室では,上記国土地理院標高データを使って沿岸部標高を色を使って表現した地図をGoogleMapを利用して公開しています.ここでは,このシステムの使い方を解説しています.

2.GoogleMapの機能を使った防災・減災空間情報解析方法の検討
 GoogleMapの検査等の標準機能と標高画像データを重ね合わせて利用する方法.

3.GoogleEarthの編修機能を使った防災・減災空間情報データの編修
 GoogleEarthを使い公開(共有)データを編集する方法.

posted by gis-okinawa at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | GISデータ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54165856

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ