GIS沖縄研究室

2012年02月18日

地上開度・地下開度画像データ

【質問】GIS沖縄研究室の「50mメッシュ標高より地上開度・地下開度画像データ(BMP形式)を算出作成ソフト」を利用させていただきました。教えていただきたいことがあります。BMP形式をTIF形式にし、GISソフトにインポートしました。そのときのラスターの値は、「度」なのでしょうか?それとも違ったものなのでしょうか?(群馬県Kさん)

【回答】結論から言いますと「度」では有りません.計算値に0−255の階調を割り当て,画像として見やすい状態にしています.地上・地下開度の計算結果を値として利用したい場合は,
 http://www.gis-okinawa.jp/soft/  から「23.」のソフトをお使いください.このソフトは開度計算結果を数値でラスターデータとしています.利用方法は「GIS自習室」(古今書院)のP229から説明しています.
ただし,値は16ビット整数値を利用したラジアン単位としています.度単位には以下の数式から変更可能です.
 開度値(度)=(ラスター値)/8/10000/3.14×180

posted by gis-okinawa at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 質問・回答
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54033899

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ