GIS沖縄研究室

2010年03月02日

沖縄における1960年チリ地震津波

2010.2.28、前日に南米チリで発生した巨大地震のため、日本の太平洋沿岸に津波警報が発令されました。50年前にやはり同様の津波が沖縄に到達し、大きな被害が発生しました。琉球大学名誉教授の加藤祐三先生と共同で、発生40年後に聞き取り調査を中心に、当時の津波浸水域の調査を行い、琉球大学理学部紀要(No.77)にて公表しておりました。このような遠地津波が発生した時に、この浸水範囲の情報が避難等に役立つと考え図面を公開することといたしました。

  http://www.gis-okinawa.jp/chiri/

参考・引用文献
 「沖縄における1960年チリ地震津波の現地調査」加藤祐三・謝花恭子・大城美佳・渡辺康志、琉球大学理学部紀要No77、2004
 「沖縄における1960年チリ地震津波の証言」加藤祐三・謝花恭子・大城美佳・渡辺康志、琉球大学理学部紀要No77、2004
 「沖縄における1960年チリ地震津波の状況−証言の図上解析−」渡辺康志・加藤祐三・謝花恭子・大城美佳、琉球大学理学部紀要No77、2004
 なお、別刷りが多少有りますので、メールいただければ差し上げることが可能です。(送料の負担はお願いいたします)
posted by gis-okinawa at 15:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
初めまして、仲尾と申します。
Posted by 仲尾欣也 at 2011年12月22日 10:57
仲尾と申します。私は1960年の津波襲来時に現名護市真喜屋に住んでいて10才でした。自宅は集落の一番山手で海が見える高台でしたので、当時の出来事は鮮明に記憶しております。

“朝の6:30頃海の方向を見ると旧国道58号の辺りまで水没しておりました”

襲来の時間が1〜2時間遅れていれば、我々真喜屋小学校の全児童が犠牲になった可能性が大きく、今でも運が良かったと思っております。私は船舶の仕事に従事してる関係もあり、どのような経緯で南米からは島影になる真喜屋に津波が襲来したのか、とても知りたいです。
HP以外に情報が有れば宜しくお願いします。

Posted by 仲尾欣也 at 2011年12月22日 12:03
こんにちは
初めて投稿します。
こういった資料は大変貴重だということが東日本大震災で良く分かりました。
別刷りがあるのでしょうか。
名護市嘉陽のデータがほしいのですが。
沖縄県のハザードマップではかなり高い津波予想が出ています。心配です。
Posted by maru at 2013年03月11日 13:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35862209

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ